公益社団法人東京都看護協会へマスク50万枚を寄付

株式会社イングリウッド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:黒川隆介、以下「イングリウッド」)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療や感染拡大防止に尽力いただいている公益社団法人東京都看護協会(所在地:東京都新宿区、会長:山元 恵子)にマスク50万枚を寄付しました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により亡くなられた方々及びご家族・関係者の皆様に謹んでお悔やみを申し上げるとともに、罹患された方々に心よりお見舞い申し上げます。

右:公益社団法人東京都看護協会 山元恵子会長
左:株式会社イングリウッド 取締役CHRO 上河原圭二

支援先からの言葉

この度は、支援物資をご恵贈賜り、厚く御礼申し上げます。看護職をはじめ医療従事者へのご配慮をいただいておりますことに関係者一同、たいへん心強く感じております。ご寄贈いただいた支援物資は大切に扱わせていただきます。

公益社団法人東京都看護協会について

公益社団法人東京都看護協会は、東京都に在住・在勤の看護職(保健師・助産師・看護師・准看護師)の資格を持つ個人が自主的に加入し運営する看護職能団体です。昭和22(1947)年に日本看護協会東京都支部として結成され、本年で72年の歴史を誇る専門職能団体です。現在約5万人の看護職が加入しています。

個人の力だけでは解決できない看護を取り巻く課題を、組織の力で解決し、看護を発展させ、社会に貢献します。また、公益社団法人日本看護協会及び46都道府県看護協会と連携しての活動も行い、全国では、現在約76万人の看護職が加入しています。

保健師、助産師、看護師及び准看護師が看護に関する教育と研鑽に根ざした専門性に基づき看護の質の向上を図るとともに、安心して働き続けられる環境づくりを推進し、もって人々の健康な生活の実現に寄与することを目的とし活動しています。